Page: 1/381   >>
自分のベスト!

JUGEMテーマ:幼児教育

JUGEMテーマ:教育

 

こんにちは!

立川教室のおぎわらです(*^^*)

 

10月のレッスンスケジュールはこちら!

11月3日(日)午後開催 お昼寝アートについてはこちら!

 

先日SKIP1の人間学で「うさぎとかめ」のお話の続きを読みました!

うさぎさんとかめさんが競争をし、うさぎさんが途中でお昼寝をしている間にカメさんに抜かされてしまう話。

実は続きがあったんです!

 

あの後、悔しいウサギさんはもう一度カメさんに勝負を挑みます。

次はお昼寝をしないで1番にゴールしたウサギさん。

しかしそのあとゴールしたカメさんは悔しがることなく、ピースをして喜んだそう。

 

さぁなぜそんなカメさんは勝負でウサギさんに負けても喜んだのでしょうか?

 

カメさんはウサギさんとは戦っていないのです。自分自身と戦っているのです。

前の競争した時よりも早く走ることができた!という喜びだったんです。

 

SKIP1では迷路をタイムを計って行っているのですが、3人の男の子たち同士で競い合って「俺が一番!」とか言う子はいません。

みんな、先週のタイムを見て、それより早くなろう!と先週の自分と戦っています!

なので「前より4秒早くなった!」とか、「先週よりタイムは遅くなったけど丁寧にできた!」とか

人と比べて自分を評価はしていません!いつも自分のベストを目指しています!

人と比べてばかりいると、その相手がいなくなったとき、自分自身が成長できなくなってしまいますよね?

また人はそれぞれ得意分野があるので、一人一人が力を発揮する場所が違うということをお互いに認め合い、評価して、助け合うことがこれからは必要となっていくのではないでしょうか?

 

小学1年生の子たちにとってはちょっぴり難しい話だったかなーと思いましたが、

みんな「いつもの迷路のことか!自分と戦っている!」と納得してくれました(^^♪

 

よく、誰かと比較した子育てはやめましょうという話はしていますが、

子どもたち自身も誰かと比べて「できる」「できない」を決めてほしくないなぁと思います。

そのためにはまず、私たち大人が周りと比べないことですね!

お子さんだけでなく、友人、家族も誰かと比べて評価をするのではなく、その人個人を見てほしいなと思いました!

 

立川教室では無料体験レッスンを行っています✨

お気軽にお電話ください

042-595-7057(教室直通)

※火・水はお休みです。またレッスン中は出られないので

留守電にメッセージを入れていただければ、こちらから折り返し、お電話致します

| コペル 立川教室 | 09:52 | - | - | - | - |